shell日記

Pearl&strings

南から湿った風

 

 

雨が近づいてくる。 

 

しっとりとした

気持ちのいい風が吹いてくる。

 

きのうもベランダでお洗濯を干していて、

「とても気持ちのいい風が吹くな・・」と感じた。

こんなふうに思うのはめずらしいことで・・

「きもちいい」と感じているのはきっと、

わたしの都合。

わたしの体調によるもの。

 

 

どんなに外が輝いていて清々しくても、

わたしがダメな時には

ダメなわけで・・・。

 

久しぶりに「南薫」を焚いています。(松栄堂のお線香)

昨日は「波の象」(玉和堂)

 

 

父に どうしてあげていいかわからない。

自分自身とのバランスがとれない。

父自身もわたしと過ごしていることが、

ほんとうに幸せとは(わたしから見て)思えない。

 

 

 

家族と、

なんでもない時間を穏やかに過ごすことが

できない。

 

 

 

 

f:id:shellbody:20190614100217j:plain

2019/06/14 ムスリーヌ

 

 

嵐のように咲き終わった薔薇は、

少し休んで、

返り咲く品種の薔薇は

また思い出したように ポツリ ポツリ、

春の花ほどの勢いはない不完全な姿で花をつける。

 

咲かせないで、

葉をしっかりと茂らせたほうがいいのだと思いますが・・

このムスリーヌさんは莟が葉に隠れていて、

気がついたら咲いていた*

 

 

 

f:id:shellbody:20190614100353j:plain

2019/06/14 ミセス・ハーバート・スティーブンス

 

 

 

ミセス・ハーバート・スティーブンスはよく莟をあげてきますが・・・

あまり株自体の勢いはないまま。

もともとほっそりとした茎の薔薇です。

この薔薇はうどん粉病にかかりやすいみたい。

(殺菌剤などつかわないでそのままです)

 

 

 

一季咲きの薔薇はハッキリしたもので、

一度咲き終わったら

ふり返らないで ほんとうに終わりなんだな・・

と思う。

それもまた よい。