shell日記

Pearl&strings

 

 

 

香りのよい薔薇には、

花もちのよい品種がどちらかというと少ないらしい。

 

また病気や日照不足に強い薔薇は、

やっぱり香りの薄いものが多いという印象。

 

この「コンテス・ドゥ・セギュール」は花もちのよい薔薇だと思います。

初めて咲いて5月28日に摘みとった同じ花が、

今日のこの右の花。

まだしっかりと花のカタチを保っています。

 

香りはまだ株が幼いせいか?濃く感じませんけれど・・

 

 

 

 

f:id:shellbody:20190531223348j:plain

2019/05/31 コンテス・ドゥ・セギュール

 

 

 

 

 

f:id:shellbody:20190531222636j:plain

2019/05/31 コンテス・ドゥ・セギュール

 

 

 

 

f:id:shellbody:20190531222618j:plain

2019/05/31 コンテス・ドゥ・セギュール

 

 

 

 

照明器具との相性もあると思う。

蛍光色のライトの下にもってくるとさほど違和感を感じない薔薇です。

 

食卓の上だと、なんとなく・・・

日中ライトをつけないでいても、

花の色に引っかかって、

 

ちがう・・・

やっぱりちがう・・

 

と感じないではいられない。

ベランダに咲いているのを見ても、

どうにも落ちつかない。