shell日記

Pearl&strings

薔薇時間

 

 

 

 

太陽が昇りはじめる頃、

この朝の光の色は とても綺麗です。

 

まったくダメな日もあるけれど・・・

動ける日はいつも薔薇の時間。

 

花の季節だけではなくて、

年間を通じてずっと薔薇に手をかける楽しみがあるのはいい事だと思う。

枝や葉の美しさも、

薔薇の大きな魅力なのだとあらためて思うこと。

 

とくに、朝の光の中のアルバロ―ズの葉の美しさは、格別で、

これも・・・

ほかのブルボンやダマスクと一緒にあって、

微妙な葉の色の違いが感じられるからこそいいのかもしれない。

 

 

 

 

f:id:shellbody:20190516040551j:plain

「アンナプルナ」「サマーメモリーズ」「アイスバーグ

 

 

 

 

白い薔薇は いいですね*

左にうつむいているのが「アンナプルナ」仏

その右の二つは「サマーメモリーズ」独

上にあるのが「アイスバーグ」独

モダンローズばかりです。

 

ドイツの薔薇は、健全で良識的な明るさに満ちている気がする。

 

 

フランスの薔薇は・・・ドリュなんてとくに、

ちょっと妖しい雰囲気。

「アンナプルナ」がドリュ。

なぁ~んとなく影のある感じの白い薔薇で・・・

またこれも、気に入っています。

花びらが開ききってみるとわりとボリュームもある。

 

香りもよく、花もちもよい様です。

 

 

 

 

昨夜、白い薔薇ばかりの花瓶を眺めつつ・・・

白だけでもいいんじゃないかしら? と、

ちらと思ったのでした。

 

また、「白」にこだわりはじめると、

白い薔薇はいくらでもあるのですから・・

やっかいなこととなります。

 

 

昨日のクッキーはみんなたべてしまった*

早かったです。