shell日記

Pearl&strings

奇妙な境遇

 

 

わたしの生活は

ホント

ふつうじゃないよね?・・と思う。

 

それでも悪いばかりではない。

 

 

こんなふうに、

自分は生かされているのだろうと思うわけです。この頃は。

 

なんだかわからないけれど

わたしは生まれて

こんなふうに生きています。

そのうち死ぬのだと思う。

 

 

 

 

かなりお年な方の話を聞くことが多くて、

長く話をすることが多かった。

子供の頃からです。

 

まったく初めて会った方とも、よく話したと思う。

 

 

 

 

 

f:id:shellbody:20190420131405j:plain

2019/04/09 ヒロシマエバヤマザクラ

 

 

 

お年をとられたかたと、

大きな桜の木は

どこか似ています。

 

 

 

 

 

長く人生を生きてきた方には、

いろんなお話がその方の中に埋まっていて・・・

あふれるように面白い世界が紡ぎだされる・・・

いつまでも

話は尽きないのです。

 

 

 

わたしが、自分の気持ちを話してみても、

よく理解してくださる感じが伝わってきて

それも 心やすらぐこと。

 

おしゃべりできることは

幸せだと思うのです。

 

 

 

こんなに孤独な高齢の方が

たくさん世の中にいらっしゃるのに・・・・

どうして横でうまくつながって、楽しく生きてゆけないものかな?

と、

不思議に思うのです。

ただ話をするだけで幸せになれるのにね・・・

人間って、むつかしい生き物ですね? 

昨日も(今朝までだけど・・笑*)お話を聞きながら、

つくづく思ったこと。

 

 

 

 

 

お城に植える桜は、

同じ顔をした染井吉野ではなくて、

山桜を植えたほうが似合うのではないかしら?