shell日記

Pearl&strings

青海島の猫ニャンたち*

 

 

 

モぉー・・・・*

 

タクシーの運転手さん、親切な方で、

料金メーターを止めて下さって、

青海島の遊歩道をずっといっしょに歩いて下さって、

(というか、わたしが連れられて歩いた)

ほかに誰一人いませんでしたから・・・、コワぁ~*

たすかったのです。

 

 

けっこう、キツイ階段で・・息が切れる。

わりとお年な方なので、

脚は大丈夫ですか?とたずねたら、

「いや・・久しぶりじゃが大丈夫」と笑いました。

 

 

誰にも会わなかった青海島!

 

 

安全にタクシーのところまで戻ることが出来たのは

感謝なのですけれど・・

なんだか・・・運転手さん

うちのパパみたいにせっかちな感じがして・・

もっとのんびり写真を撮りたかったわたしは

 

 

やっぱり一人がいいな*

 

 

なんてことを・・・

思っちゃいけないけれど

思ったりする。

 

 

 

 

f:id:shellbody:20190417130511j:plain

2019/04/16 青海島の猫

 

 

 

猫パンチされるくらい近くで撮ってたんだけれど・・・

猫ニャンは 落ちついたもので。(警戒感 ゼロ)

手ってのまるみが かわいいね♡

 

 

 

 

f:id:shellbody:20190417131138j:plain

2019/04/16 青海島の猫

 

 

 

こちらを見てくれたかわいい顔に 

カメラが間に合わない・・

 

 

 

 

f:id:shellbody:20190417131420j:plain

2019/04/16 青海島の猫

 

 

 

 

 

f:id:shellbody:20190417131706j:plain

2019/04/16 青海島の猫

 

 

 

どういったおつながりの猫ニャンたちなのかな?

まだ若い猫ですね? 

よくわからないけど・・

 

 

 

 

f:id:shellbody:20190417132011j:plain

2019/04/16 青海島の猫

 

 

 

 

f:id:shellbody:20190417132319j:plain

2019/04/16 青海島の猫

 

 

 

 

f:id:shellbody:20190417132447j:plain

2019/04/16 青海島の猫

 

 

 

ずっとここで、海を見ながら

暮らしているんだね・・・

 

 

 

 

f:id:shellbody:20190417132652j:plain

2019/04/16 青海島の猫

 

 

 

 

青い草を下った先は すぐ海。

石ころだらけの小さな入り江です。

右に行くと、階段を上ってゆく遊歩道があります。

 

ここから手前の駐車場に歩く道端に、

アザミの花がちらほら咲いていました。

触れると痛い花。

 

アザミは好きな花ですが・・痛くて手が出せない。

 

 

 

 

f:id:shellbody:20190417133041j:plain

2019/04/16 青海島に咲くアザミ



 

 

行こうと思えば、

また 

ぶらりと行ける場所ができた。

 

 

 

三匹の猫と、タクシーの運転手さんと、

暮れてゆく空と、

静かな海の 青海島。