shell日記

Pearl&strings

 

風はとても冷たかったですけれども、

お日様の当たっている遊歩道は、ポカポカ・・・

 

草や、

並んで咲いている桜や、

歩く人や犬、

自転車にのったお爺さん、

 

いつもはなんとなく鬱陶しく感じている建物なども

みんな、幸せそうに輝いて見えた。

また、枝垂れ桜のところまで歩きました。

(きょうはリディはお休み)

 

 

 

 

f:id:shellbody:20190401233524j:plain

枝垂れ桜 2019/04/01

 

 

 

咲ききって少し経って、

緑の葉が見えてきた頃が かわいらしい。

これ・・三脚を立てて撮ったのですけれど・・・

写真はちょっと・・残念*

 

帰り道、雲の間から鋭く現れた太陽の、

一瞬の輝きと角度だったのか?

草がものすごく綺麗に輝いて見えて・・・

いろんな色の粒子が光るようで、

カメラを向けたのですが、

その輝きはもう、消えてしまっていた。

 

太陽の光は

なんてきれいな色を生みだすのでしょう!

 

 

この枝垂れ桜のピンクではなくて、

染井吉野の、

花びらの淡い色を、しみじみきれいだなと・・・。

この色の桜がたくさん植えられたのはよかったことだと、

そんなことを思いながら歩きました。

あたたかく着込んだグレちゃんと、わたしと、

トコトコ・・・。

 

 

夜も深くなって、

外は今 キンキンに冷えています。

こんな夜に桜のそばで「寒い寒い!」と笑いながら、

日本酒をあたためてのむのは 

美味しかったな。

 

 

=====
 

帰って、夕方父から電話がありました。

町内会の話は、

なんの連絡もなく役員にさせられていた、という話し。

 

絶対にイヤなら、お断りできるはず。

「ほかに仕事もないしな・・・」と言っているのですから、

やはり面倒でも誰かとつながっているほうが、

父は退屈でなくていいのでしょう。

(想像したとおりです)

 

元気ならよいのです*