shell日記

Pearl&strings

波長

 

 

 

犬でも波長の合うあわないがあって、

それは会った瞬間に決まるようなもので、

長い時間が経っても、

合わない子は、

合わない。

 

 

他所のワンちゃんでもね・・・

ずっとそばにいて楽な子がいます。

それが、目の前にした瞬間に感じられるのですから、

きっと相手の犬もそうなんだと、

なんとなく思っている。

 

 

 

 

f:id:shellbody:20190303223324j:plain

胡蝶蘭 白 2019/03/02

 

 

 

グレがまだ子犬の頃、6~7か月くらいだったかな?

ペットショップに、グレに近づいてくる猫がいて、

まるっこい手を伸ばしたりしていた。

猫はパッと手を開くことが出来るんですね・・

そしてまたきゅっと握ったり。可愛らしかったんです。

猫の手はかわいらしい。

 

グレはあまり、ほかの生き物に興味を示さない子ですが、

その猫には近づいて、おもしろそうに顔を近づけた。

その二匹の様子は楽しそうで穏やかでした。

もうけっこう大きくなっていた猫。 あまり短毛でない白っぽい猫でした。(種類は覚えていない)

 

その時、猫とも仲良く暮らせるのでは?・・と

心が揺れたのですけれど・・・

猫は高いところに上がりますし、

ベランダから落ちたら終わり、と思ってね・・・

無理だと思った。

また犬2頭に、猫をさらに迎えるのも 無理だと。

心に線を引いたんです。

 

いま、11年前のことをふと思い出して、

あの猫を迎えていっしょに暮していたら、

グレちゃんはもっと楽しくて幸せだったかもしれないな・・と・・・

思ったりします。

 

 

きょうはリディとグレの爪切り、歯石とり。

何処にも出なかった静かな一日。

雨です。