shell日記

Pearl&strings

無理はつづかない

 

 

昨日は夕方、風が冷たかった。

ユキヤナギの花も咲きはじめて、花粉症の季節がやってきた。

眼がギシギシするし、くしゃみも出はじめて・・・

ああ・・・一難去って、

またコレね・・と。

 

毎年のことではあるのですけれど、

やっぱりガックリきます。

 

 

昨日の父との電話を思い出しながら、

今朝はあまり 静かな気持ちではいられなかった。

わたしは本当のことを伝えたし、

その考えは今も変わらないのだけれど・・・

そんなことをわざわざ、わたしの口から言わなければならなかった事実に、

父とのつながりの、そもそもの無理があるのだと思いました。

 

それでも、

言わなければ 何も変わらない。

 

 

節分、立春はよい一区切りでした。

これで、

父は今後どうするつもりなのか?

明確なものが見えてくるはずだと思う。

父の希望と整合性のない土台をそのままにしておきながら、

「成り行きに任せる」なんて、そんな無責任な話はないでしょう・・・

わたしは、自分の生活をなりゆきに任せたりはしません。

父に引きずられたりはしない。

 

 

 

しばらくお会いしませんが、

B様が、節分の(賞味期限の切れた)お菓子や、

バレンタインデーのチョコレートを買って、とっておいてくださっているそうで、

楽しみにしている。

 

わたしたちの間では、

賞味期限は(ある程度までは)大丈夫。ということになっています。

冷凍庫に入れて下さっているのかしらん?

 

 

昨日はリディが粉ふきいもみたいになっているので、

刷毛のついた小物ノズルで掃除機をかけた。

乾燥肌です。

以前はものすごく怒っていたけれど・・・昨日は案外気持ちよさそうにしていました*

昨日はリディ姉ちゃんの13才の誕生日でした。

茹でた牛肉と、チーズやバナナを食べさせただけで、いつもと同じです。

 

何もしなかった。

きょうは苺プリンをあげます♡

 

 

大きな毛布を2枚洗ってしまって、シーツ代わりに敷いた1枚になって、

着込んでいても寒かったので、

冬の掛布団2枚重ねにしたら、ずい分暖かなものでした* 

なかなかよかった。

 

金曜日に脳神経外科の先生からいただいて帰った椎骨動脈の画像を、

パール&ストリングス(解離)のと、開通後のと二枚、

机の上に置いて何度も見ています。

夢のような話だと思う。

先生は午後の診察のほうがお顔の浮腫みもとれて、涼しそうな綺麗な目をしていました。

なかなかハンサムです。