shell日記

Pearl&strings

香るストック

 

金魚草にも薄く香りはあるんだな・・と思う。

あまり買わない花でしたし、気にしたことがなかった。

ストックによく似た、もう少し淡く青い匂いです。

 

夜、サプリメントのお代金を払いにセブンイレブンに行ったついでに、

スーパーでまた、花を買ってきた。

白と薄いピンクのストック。

寝室までよく香ってくるので感心した。百合とどちらがどうか?・・

(眠れないので起きて、久しぶりにカモミールティーをいれました。ボーっとしたお茶)

 

 

きょうはあまりバタバタしなかったせいか?

ひどかった頭痛は治まって、このアタマの感じは久しぶりです。

連日のわけのわからない微熱や、ビッショリ濡れるような妙な寝汗もなくなりました。

このまま静かに治まってくれたらいいなと思う。

 

父と二日話していない。

 

わたしは仮面をつけて元気を装うことがなくなって、

やはり楽なんだと思う。

「強迫的」な日々だった。

(もちろん父にはそんなつもりはない。私の反応の仕方がいけないんです)

 

一方で、

父はさびしくはないか?心配で・・・

片付けていてもずっと気になっている。

家の中に犬もいないんだしね・・・

年齢的なこともあるし。

 

父は贅沢でわがままなところがあるんです。

若くて上品できれいで優しい女性とお話ししたい

という。

おばあさんでは面白くないんだそうですから・・

マンションのおばあさん達が8人、

『ここ(父のリビング)で新年会をしよう』と言ったのを、

父は、

「やめてください」と断っているんです。

 

 

碁会所2か所に通えるのですし・・・

毎日外出出来る元気な父だから、

なんとかなるだろう。

と思わなければ、わたしはこの時間を支えることができない。

父はすこし表現が大げさなところがあるので、

わたしは受け止め方をひかえめにする必要があります。

 

孤独の苦しさは、よくわかるんです。

わたし自身が苦しかったから。

それでも、

身体を壊してまで父にあわせてはダメだと思う。

自分の生活が成り立たなくなってはどうしようもないんです。

そんなことをするべきではないし、

そこまでする必要もありません。

(自分が悪いのだと思う)

 

人はそれぞれ、自分のするべきことをして生きるよりほかないのだと、

当たり前のことをあらためて自分に言い聞かせています。

 

 

カモミールティーは

ほんとうにボーっとしたお茶です。