花に埋もれていたい

 

静かな朝がきた・・

朝のわたしを、

花がふわりとうけとめてくれるうれしさ。

昨夜は窓をいっぱいに開けて風を通した。

それから

薔薇の鉢に育っているルッコラ三つ葉を摘みました。

 

一年が吹きぬける風のようにすぎて、

こんなふうに 十年が経つのかな?・・・と

なんともいえない気持ちにもなる。

 

 

きょうは白い綿シャツを洗って糊付けして・・と

漂白剤を洗い流しているところで

電話が鳴りました。

 

 

「きょうはさあ・・何を食べようかなぁ~・・?」

 

父の気持ちは手に取るように伝わってくる。

わたしは出ていけない・・・

お昼から食事になんて とても。

もうちょっとのところで、「パパ 来る?」と

言っちゃうところを、

踏みとどまった*

 

1時間半くらい電話でしゃべっている父。

(どう考えてもきょうは 無理)

 

きょうは一日静かに過ごそう。

自分のバランスをととのえよう。

夕方から動きます。