誰でもない時間

 

金曜日の夕方の、

コーヒーショップにいる人たちの表情に感じた、

″個性のない同じような顔″というのは

(閉じた感じの、のっぺりとした印象の・・)

きっと・・・

 

家に帰る前に、

oneクッション置きたい、

「誰でもない時間」をすごしたい人たちの、

よく似た表情 だったのかもしれないな?・・・

と、

思ってみる。

 

家に帰ったら帰ったで、

家の中の立場というものがあって、

しなければならないことがあるから。

 

一人で暮らしている人だって、同じかもしれない。

 

 

ギュッと抑え込んだ・・

と思った風邪は、

またカラダの中で勢いを盛りかえしてきた。

きょうは押し上げきれなくて、しんどくて、

お散歩は半分で帰ってきた。

 

 

あたらしい毛布がやわらかくて気持ちいい♡

思うことをなんでも言葉にできるのは 幸せです*

わたしはこれで、

精神的にかなりうまくいっていると思う。

 

 

=====

 

 

それにしても・・・

あの、コーヒーショップの 人々の表情は、

いま思い出しても なんとなく怖い。

何が怖いのか?

よくわからないんだけれど。