shell日記

Pearl&strings

縛られない 自由

 

お互いに 自由であるのが

楽だと思う。(主に感情の面で)

親子でも、

友人でも。

(親子関係も友人関係もほとんどなかったわたしが言うと変ですけれど)

 

「その人がいなければどうにもならない」

という関係は、

かならず息苦しくなる。

一方的にどちらかがどちらかに合わせつづけるのも無理。

 

それから・・・

「必要とされることの必要」というのも

苦しい。

わたし自身が以前はそうでした。

必要とされることの必要で生きていた。

 

 

また、

相手が、

必要とされることを必要 としているのだから、

わたしは、その

必要とされることの必要という

必要を満たさなければならない と、考えることは、

もう依存への地獄の道です。

 

残りの時間を

そんなことにつかってはならない。

自分のしたいことをすればいいんだと思う。

自分の責任で。

 

 

ねむれて、朝が訪れた。

よかった*

ねむりは、昨日の脳に溜まった、

ざらざらとした痛い砂や石を

洗い流してくれることだと思う。

 

石が残っていることもあるけれどね。