何も起こらなかった一日

 

雨が降ったりやんだり。

 

心の中でどんなにグラグラガタガタして

崩れ落ちそうになっていたとしても、

表面的には生活は何も変わらなくて、

そうすると、結果的には・・・

 

何も起こらなかった一日。

フツウなんです。

 

 

お昼すぎの父との電話は、

インターホンが鳴って

短く中断した。

 

この頃の父は、あまり晴れ晴れといい顔はしていなくて、

気にはなるけれど・・そのことを電話で言ったら、

父にはそうした気分の変化の自覚はないらしい。

同じ話ばかりで悲しくもなるのですけれど、

語られる言葉は前向きです。

おそらくわたしのほうが、ずっと沈んでる。

父の強さに感心するのです。

 

 

家のことをすませて、

昨日買った頬紅の色が合わなかったので、

もっと涼しいピンク、ローズの色味のを2種類買ってきた。

口紅とのバランスもあると思う。

 

お化粧なんて・・・ばかばかしい とも 

心のどこかで思っている。

 

 

=====

 

家にいることさえ、

息苦しくなってしまって・・・

この頃はよくスーパーのセルフサービスの広いスペースで、

固い椅子と不安定なテーブルで、

ごついカップでコーヒーを飲んでいます。

もっと遠い場所のカフェがいいんだけれど、

そこまで行けない。

窓の外が見えるところがいい。

 

家のほうが快適なのにね?・・・

手帳や本や、

やっぱりコピー用紙を持って行って、

くだらないことを書いている。

気持ちを言葉にして書くと落ちつくところはある。

 

バカですね・・・*

 

アルコールに手を出さないでいるわたしは、

けっこうよく頑張っているじゃないか*・・と

(誰も思わないけれど)

一人で思っている。

 

 

夜電話でB様とけっこう長くお喋りできた。

何が変わるわけでもないけれど・・・笑って、

気持ちがかなり楽になった。

こうしたお友達の存在はありがたいと思います♡

父には、

こういうお友達がいないんですね・・

いい話し相手ができればいいのにね。