どうでもいいとは思いきれないから、

難しいのですね・・・

血のつながりは。

 

父から電話がありました。父に会ってきた。

タクシーで福屋デパートまで行って、

父のダウンコートをいろいろ見て、着たり脱いだり。

結局決まらないで、何も買わず。

「キハチ」でケーキセット。

それから、

たくさんの人の波に交じって、

イルミネーションを見て歩いた。

雨がパラパラ落ちた。

お蕎麦を食べて、抹茶わらび餅を買って帰宅。

父は楽しくお喋りできたことをよろこんでいました。

わたしもよかったと思う。

半分は父とはもう無理かな?とも思っていたけれど、

そうでもなかった。

 

父のダウンコートのサイズはLです。

やはり父はグレーよりも濃紺がきれいに見える。

また一人で見てこようと思う。

スーツの上に着るコートよりも、軽くて楽な

普段のいいコートがあったほうがいい。

 

帰ったら、ミセス・ハーバート・スティーブンスが、

中途半端に乱れていた・・・ 

こ コレは・・汗*

ドキリ としました。

こんな乱れ方をするのね・・? ドキドキ♡

 

サマーメモリーズのほうはくっきりとカップ型に

かわいらしくほどけていました。

またこの薔薇はシャッキリと元気に上を向いて咲く。

まあとにかく、

その薔薇の美しさというのは、

時間によってガラリと変わってしまうものです。

 

 

=====

 

あまり遠くない時間の先に、

死が待ちうけていて、

すべてがのみこまれて終わるんだ・・・と。

父もわたしも。

それからリディもグレも。

薔薇たちも。

 

そう思うと、

ほとんどのことは如何でもいいような気もして・・

わたしの拘っていたことも、

腹を立てたことも、

何もかも。

 

今を気持ちよく生きれば、

それでいいじゃないか。

 

 

キラキラしたイルミネーションの大通りを

父と歩きながら、

さびしいのか・・

楽しいのか・・

悲しいのか・・?

さっぱりわからなかった。