寒い*

 

昨日の夜明け前、絵ハガキを出しに、

ポストまで行った時の寒さといったら!!

 

ダウンコートのフードまでかぶっていたのに・・

骨までダメージを受けるような

(骨髄液が冷えて体調が悪くなる感じ)

おそろしい寒さだった。

 

寒さというのは どうにも・・・

どんなに抵抗してもこの季節は

一度は転落するしかないというか

鬱にガラガラと転げ落ちる感じがする。

 

いきなりの「冬」*

 

 

「ミセス・ハーバート・スティーブンス」の蕾は、

まだ尖ったアイスクリームのようで、

三日前の月曜日には咲くかと思っていたのに・・

十一月の薔薇は、

なかなかひらかない。

 

この薔薇は、

蕾もすっとして上品です。

 

 

 

今年は荒れます。(わたしのまわり)

 

荒れるのだけれど・・

諦めなのか?疲れからか?

わたし自身はわりと静かでぼんやりしていることがある。

狭くて何もない白い部屋に

一人で ただ無意味に座っているような、

そんな感じの時がある。