冷静に・・*

 

なんとか無事な一日。

 

刃物のような月が 笑ってる

薔薇の向こうの空で

笑ったり

滲んで遠くに行ってしまったり。

 

 

時間や空間が捻じ曲げられでもしたように、

奇妙なことが重なる時期 というのがあります。

この二日間そうでした。

もっと大きく捉えると、今年ずっとそうかもしれない。

 

なんとなく2010年から2011年への感じと

よく似ている気がして・・・

不気味でザワザワしています。

とにかくこういう時ほど 落ち着いていないと。

 

 

 

=====

 

グレを病院に連れて行きました。

 

朝、たくさん水を飲む音が聞こえて・・・

それからわたしのお布団にもどってきて大量に吐いた。

匂いのない、水に溶けたドッグフードの洪水で・・

あわててカバーや毛布シーツのすべてをはずして

6回洗濯機をまわす。

 

 

普段ほとんどお水を飲まないグレが、

急につづけてたくさんお水を飲んだので

コレは・・変だなと。

 

 

そしてペットシーツを見ると血尿で仰天!

 

午前中はお玄関横の窓の工事が入っていたから、

(しかも前日は午前3時まで来客でお喋り)←父もあきれてた!

お昼からは父が来て、

いっしょに掛け布団を買いに行って、

それからタクシーで動物病院へ。

 

 

血液検査の結果では、

白血球 

GOT 

GPT 

CK (クレアチン キナーゼ)

が、少し高い。

 

 

ãã¡ã¤ã«ï¼1i0e.jpg

クレアチンキナーゼMM、二量体、ヒトウィキペディアより>

クリスマスのリボンの飾りみたい*

不思議なものだな‥と思います。

 

 

グレは注射をしてもらって帰りました。

炎症を抑える注射だったかな?・・

夜にはふつうのおしっこの色に戻っていた。

また今日診察に行きます。

 

子宮蓄膿症の疑いはあるものの、

お腹の腫れもなくてぺったんこ。

目に見えて膿が出るわけでもない。

まだ「手術を必要とする」とは言えないそうで・・・

様子を見る段階だそうです。

 

診察や血液を採る時、注射される時、

グレちゃんが静かなので、父が

「おりこうさんだね~・・」と感心していました。

待合室では、パピヨンを抱いた奥さんと、

父を間に挟んでたくさんお喋り出来て

穏やかに楽しかった。

ワンちゃんのお話以外にも着物の話など・・いろいろ。(大島紬が好きだとおっしゃった)

 

 

帰ってコーヒーとロイズのチョコレートを食べて、

父を駅まで送って帰った。

かつて母をよく送って帰ったように・・・

 

夕方暗くなった 駅での別れは

どこかさびしい。

 

 

 

このところずっと ザワザワする・・・

落ちついていないと・・・

薔薇の鉢のそばが、

気持ちを静めるパワースポットみたいなものです。

 

まとめて眠りたい。