それなりの生活

 

ダメはダメなりに、

出来るところまでを頑張っている。

 

「これではダメだ」

「これではダメだ」

と、ずっと思いながら生きるのもしんどいので、

思わないでいようと思う。

(それでも 思ってるけど・・)

 

思っても 思わなくても、

出来る範囲はあまり変わらないと思う。

 

 

 

こちらはかなり曇ってきました。

また台風が近づいて来るようで・・・

ベランダの薔薇をはらはらと心配するのです。

植えたばかりの薔薇ですから・・・

どうか酷いのが来ません様に!!

 

 

先日失敗して、

ポッキリ折ってしまった「ブールドネージュ」。

もう一本の下葉のなくなってしまった、

箒状に上に頼りない葉のついた茎をそっとたわめて、

横に倒してみました。

茎の下の方から芽が出てくれることを期待しています。

「ミセス・ハーバート・スティーブンス」は、

右のほうの枝だけアンバランスに、

すっと細い茎をのばしています。

ずいぶんあっという間にするすると伸びた。

 

薔薇の葉をとおして月を眺めるのが

よいのだと思う。

(わたしにはね・・)

昨日つくづく思いました。

植物のまったくない乾燥したベランダからでは、

ガランと寂しい気持ちになるに違いないのです。

 

 

父はなんと、自転車で碁会所に行ったそうですから

元気です・・・*

父のほうがずっと元気。