南海トラフの前に・・

 

 

ランタンを父のところに届けよう!

 

南海トラフ地震はきっと来るでしょうから・・

いつ来るか?わからないですし、

明日かもしれない。

早く持って行ってあげないとね、

せっかく買ったんだから。

 

一人でいて、停電すると

さびしく不安になるでしょうから

明かりがあったほうがいい。

大きな懐中電灯は持っていると思いますけれど、

穏やかなランタンの明かりとは、

気持ちがちがうと思う。

 

パパは仕事で鍛えられた人だから、

そんなことは気にしないかもしれないけれど・・。

 

 

こんなに起き上がれない体調不良は久しぶりです。

また、怠いだけではなくて、

身体中アチコチ 変に痛い。

手の痛いのは特に困りもの・・・*

 

リウマチとか膠原病だったら・・

これは大変なことだな?と、

不安だけれど、

考えたって仕方ないしね。

ステロイドに依存する生活はイヤだなぁ・・・。

 

 

=====

 

「chiffon」 シフォン というのは、

織物のことなんですね、

フランス語の原義は、ぼろ布、雑巾、ということなんだそうです。

ウィキペディアにありました>

服飾用語では薄くて柔らかい織物、またはそれをつかった衣類の装飾のことだそうです。

モスリンともいうのですとか。

 

「シフォン」と「絹モスリン」は同じもの*

 

 

いただいたシフォンケーキを、

夏みかん味)

もの足りない気持ちでたべながら調べたこと。

 

しかもしふぉんけーき」などと

ひらがなで書いてあるシールに、

なんだか無性に腹が立ってくる。

 

なんだったか?・・京都のお菓子で、

ひらがなで表記してあるお菓子の名前に

むかむかと腹を立てたこともある。

 

長さ10cm、一辺が7cmの正三角形(に近い)形のケーキは、外側を覆うフィルムごと計って、

50g。

ほとんど空気という感じでフカフカして、

とらえどころがない。

 

こんなのは、たいしてカロリーにならないと思って、

リディとグレにもぽっこり食べさせた*

どこに入ったか?わからない感じでしょう。

フォークで切るのにもフカフカしすぎていて、

なんともイライラさせられるケーキだと思う。

 

わたしにケーキを下さる時は、

もっと重たいのをください。