生きるって大変

 

病院ってところは・・・

ほんとうに大変な人達が集まっているところで

とくに整形外科は、歩くのに痛そうな

わりとお年な方が多くて、

はらはらします。

 

すごい・・多いんですよ!

ベッドで運ばれて行き来するお爺さんを見て、

父のことを思いました。

パパもこんな姿になる日が来るのかな・・・・

小柄な年配の女性の歩いていく後ろ姿が、

母に少し似ていて、

胸が苦しくなる様でした。

 

さびしくなってきた。

みんないつかは、年をとって動けなくなるんだものね。

 

そして、整形外科の診察室のあたりに

椅子が足りないんです。(患者さんが多い)

早い時間が、わりとそうだった・・・

お年な方でも、立っていらっしゃるかたもある。

わたしはけっきょく一睡もできないままだったので、

立っているのは とてもつらかった・・・

 

ぽつりぽつり、席が空くようになって、

立っていらっしゃる方がいなくなって、

座れるようになったとしても、

また人がいらしたら席を立たなければと思っているから、

いつも周りに気をつけていないといけなくて、

眠る(目を閉じている)わけにはいかない。

 

かなり席が空いてきて、

わたしの隣の並びの席に誰もいなくなって、目を閉じていたら、

MRIを撮り終わったB様がいらして、

ハッと目を開けました。

レントゲン技師の先生か?ついてきてくださっていて、松葉杖といっしょに車椅子に乗せてもらっていました。

それくらい歩けないんです・・

それでもB様は、ご自身で車を運転して来ておられるのですから・・感心してしまいます。

 

病院を出て、B様の用事を一つすませて、

それからピザをたべて・・・・おしゃべりしていて

朦朧としてきました。

もう限界!(夕方5時)

 

朝からでしたからね・・・・

ホント つかれた*

来週、また行かないといけない。

(血液検査の結果説明です)

 

フツウに生活できることとか、

フツウに歩けることって、

とても幸せなこと。

幸せなうちに、幸せな時間を生きることだと思う。

 

家に帰ると、

リディとグレと

薔薇が待っています。♡

 

パパにもやさしくしないとね。