転落しそうな涼しさ

 

 

なんていうんだろう・・・

 

あんなに抑えつけられるように

コッテリ暑かったのに・・・

その熱が 夜にはすっと引いて、

遠くの台風の風が

サラサラ

ザワザワ 

ビュゥ―――っ・・と、

あばら骨の間を吹き抜けてゆくと、

わたしはなんとなく、

転落しそうな気持になる。

 

それから・・・

胸にナイフが 突き刺さるようなきもち。

スーパーの角に植わっている羽状複葉だと思う大きな樹木(あれは何かな・・)が、強い風にクチャクチャに吹きなぶられていて、ドキドキした。

 

 

30分くらいのお散歩でした。

近ごろだるくて・・・ふらふらして

2時間歩けない。

ゴメンネ・・・グレちゃん。

 

f:id:shellbody:20180808233908j:plain

<2016年 1月> グレちゃん(後ろの黒犬はリディ)

 

 

生きることが

近ごろとくに

困難な感じ。