自分の生活

 

 

歯医者さんから 無事帰宅。

帰りに神社によってお参りしてきました。

なにをお祈りするということもなくて、

手を清めて、お賽銭を入れて、

ただ手を合わせるだけです。

いつもそう。

こういうところに来ると、わたしはいつもカラッポです。

 

歯医者さんに通う途中、餃子屋さんがあって・・・

その前を通る時、餃子の籠ったような匂いに

いつもムカムカ・・眩暈がしますが、

なんとか歩いています。

ギョウザでビールをぐいぐい飲んでいた頃もあったのにね*

あれは美味しかった!

 

駅からタクシーをつかわずに歩く。

父貝さんが、自転車で来たりしているのに・・

わたしがタクシーをつかうのはどうにも感じが悪いだろうと思う。

よほど死にそうに、しんどい時でないと。

 

 

駅のそばのパン屋さんで、

ピザパンと林檎とチーズのパンを買って帰った。

帰ったら父から何度も電話が入っていて、

またわたしが寝込んでいるのか?と心配した様子。

 

父は今日は碁会所。

午前中から参加して、囲碁のあたらしい仲間と数人で、

お昼はお好み焼きを食べたそうです。

そしてまた午後の対戦。

父はずい分しっかりとしてきました。

目に見えて活気が出てきた。

自分をとり戻して、軌道に乗ってきた感じがあります。

世界がガラリと変わったと言っています。

 

 

わたしも(わたしこそ)しっかりいなければ*

また、父に合わせるだけではない

自分自身の生活や、

自分だけの世界を持つべきだと思う。

 

物を捨てるというのは、とても難しいのですが・・

するべき事をスッキリとすませて、

秋には気持ちよく父と後楽園に行きたいものです。

 

何をするのも

誰かに会うことも

楽しむことも、苦しむことも、

すべてはこの世に生きて在るうち。

 

この頃はよく

そんなことを思います。

きょうは気持ちよく風が吹きました。