ときめく赤

 

 

信州にお住いの ジャム名人の奥様が、

トマトやモロッコ豆インゲン豆、ズッキーニなどのお野菜や

じゃがいも、立派なニンニク(ひとかけが栗みたいな大きなのがある!)

赤しそ、青しそ、バジルなどたくさん送ってくださった*

 

無農薬で育てて下さった 

貴重なお野菜たち。

この暑さの中・・・よく育ったこと。

よく育てたこと。

 

わたしも植物を育ててきた人間ですから・・・

これだけのお野菜を育てて収穫して、

丁寧に箱に詰めて 送ってくださることが、

どんなに大変なことか、よくわかります。

ありがたい!!

 

そして・・うれしいことに*

いちごジャムが一瓶入っていました・・・💕

美味しいんですよこれが・・・♪

五千尺ホテルのジャムより美味しいです。

特別な時の為に(お薬みたいに)大切にとっておくのです。

 

===== 

 

初めて紫蘇ジュースを作ってみました。真夜中。

赤しそを買ったこともなくて、初めて扱いますけれど・・

葉がしっかりとして厚みがあって立派だと感じます。

 

 

赤紫蘇をきれいに洗って、

グラグラ沸いたアルカリイオン水に入れると、

初めはお湯がパッと青い色に染まります。

お鍋で煮たてていると、

湯は赤みをまして 紫色に染まってくる。

それを濾して、お鍋にもどして、

火にかけながらお砂糖を溶かして、

クエン酸を入れたとたんに・・・!

目も覚めるような鮮やかなピンク色が生まれます。

信じられないくらいの ピンク!

 

わたしは、クエン酸を入れる前の

お砂糖を溶かした深い赤が好きです。

胸のときめくような赤だと思う。

 

 

だるくてだるくて・・・

ぐったりしていたのですけれども、

紫蘇ジュースをつくる過程で変化してゆくきれいな色や、

甘くて酸っぱいジュースに元気が出てきた気がします。

自分で作るって、楽しいことですネ♡

パパにはすっぱいかな?

(パパはミツカンの「リンゴ黒酢ストレート」をよく飲んでいる)

部屋の中は赤紫蘇の、

ちょっと癖のあるツンとした爽やかな匂いです。

 

B様のお母様がよく、

紫蘇ジュースをつくっていらしたそうです・・・

昨日のこと。かき氷を食べながら、

「作ってみようかと思う」とおっしゃっていました。

甘さや酸味がきっとちがうと思いますけれど、

お声をかけてみようかな・・・*

 

まだ 赤紫蘇が残っていますから、

お砂糖を買ってきます。