何処にも出ない一日

 

 

暇だったわけでもないし、

寝ていたわけでもなくて・・・

忙しくて、

家事とおしゃべりに埋もれて

なんとなく終わってしまった一日。

 

朝パパから電話。

昼も(碁会所に行った)パパから電話

そのすぐあとB様から電話。(整形外科の帰り、マンゴーのアイスクリームののったかき氷とトマトのゼリーをもって寄ってくださって夕方までおしゃべり。リディとグレは大喜び♡)

 

その間、

証券会社からも電話。(ほったらかしておくつもりだったけれどアマゾン株 指値売り注文。下げたらまた買うつもり。)

夕方またパパから電話。(お昼デパートで(あまり美味しいとは言えない)ステーキを食べて、また午後から碁会所で対戦して帰宅。つかれたぁ~*と言っていた。)

 

父貝さんは、

仕事でも何でも

人生のずっと長い時間を 戦って生きてきて、

戦うことに つかれたんですね・・・?

 

「人生は 勝つか負けるかじゃ!」

と言っていた父だけれど・・・。

 

 

もう つかれたぁ~・・・

「パパは貝ちゃんに甘えとった方がずっといいよ」

と言っていました。

父が碁会所に復帰できたことを喜んでいたんだけれど・・本人はそれほど今、囲碁に魅力を感じてもいない様子。

「リディちゃんたちに嫉妬する」 と言うのです。笑*

 

そりゃ、嫉妬したって駄目ですよ・・・。

リディとグレは

可愛いに キマッテル 🌸

こんなにかわいい子はいません。

 

 

マンションの部屋に 一人。

来る日も

来る日も

ずっと 黙って一人でいると

気が狂いそうになる

と。

 

その苦しさ

さびしさは、

わかる気がするんです。

 

 

日中、それも暑いさなかに、

父がタクシーをつかわずに移動することを

わたしはいつも怖ろしく思っていて、

苦しくなる時がある。

(父は弟夫婦の老後のためのお金を残そうとしている)

 

息が吸いこめないような くるしさ・・・

立ちくらみもしますし・・・

わたし自身がこんなにもしんどいのに・・・

もっともっと年をとった父が

如何だろうか? と思う。 

 

 

f:id:shellbody:20180403105925j:plain

 

 

暑さの苦しさよりも、

孤独の苦しさのほうが

父にとって 大きいのかもしれません。

 

皆さんも どうぞお身体たいせつに。

 

秋の風が 

すぅーっ と吹く頃には、

どんなにホッとすることでしょうね。