川底

 

 

川は絶え間なく

土砂を山から運びつづけているのだから・・・

川底は堆積した土砂で高さを増しつづける。

朝も昼も夜もずっと ずっと。

 

それを十年も二十年も百年も

そのままにしておいたら

どうなるか?

たまらない気持ちになるんです・・・

 

どんなに費用がかかっても、

川底を掘り下げるべきではないのかな?

堤防に鉄板など入れたところで

水の力のほうが大きいでしょう。

どうしたって低いところに水は流れるんだからね・・

 

 

川砂は、コンクリートを固める材料になるのでしょう?

海砂をつかったコンクリートは、鉄筋が早く錆びるのでよくないそうです)

建設会社の皆さんは、

工事価格を抑えるために、

「川砂です」ナンテ言いながら、

海砂をつかっちゃったりしたら

ダメダメよっ・・*

 

 

=====

 

 

思案中の薔薇②

「レディ・ソールズベリ Lady Salisbury」

 

ã¬ãã£ã»ã½ã¼ã«ãºããªè£¸è - Lady Salisbury

<デビッド・オースチン通販のページより>

 

樹高1m 強健 非常によく返り咲く 中香

透きとおる様なピンク 咲きはじめはボタンアイ。

 

ハートフォードシャー州のハットフィールドハウス生誕400周年を記念して生まれた薔薇だそうです。

ここは熱心なガーデナーであるソールズベリ夫人の生家なのだそうで・・

 

 

どんなところなのかな?・・と

ウィキペディアをのぞいてみたら・・・

ひっくり返りそうでした!

 

 

 

File:Hatfield House.jpg

Hatfield House, Hertfordshire, England.Wikipediaより>

17世紀建造 

 

 

ね?

生家もいろいろ。

人生 いろいろですよ。