みかんの缶詰

 

 

きょうは父は、歯医者さんに行って

週に一度の歯周病の治療。

なかなか治らないみたい。

 

午前中、通院前に父が電話をかけてきたのを、

わたしが寝ていてとれなかったので、

ずい分心配をかけてしまった。

(夜中に換気扇を洗ったりして朝まで起きていたんです)

悪かったな・・と思う。

お昼すぎに持って行こうかと、ブロッコリーなど買ってきて茹でていたのに長電話して、

「きょうはもう雨だしおとなしく家にいよう」と、

来なくていいと言うので行かなかった。

 

 

父はずい分 不安定です。

わたしが不安になるくらい弱気です。

父は素晴らしい人たちに囲まれて、幸せで、

わたしは必要ないと思っていた。

孤独だなんて思いもしなかったから・・・

ほおっておいて安心と思っていたのですが、

わからないものだなと思う。

 

以前はよく碁会所に行っていたのに、

「パパ行かないの?」と聞くと、

『一人になって寂しいから来ているんだろうとか、言われるのはイヤだから』と言うのです。

あきれた!

 

「一人でさびしいから 来た」

と言って行けばいいものを・・

変なところで見栄を張るから

さびしくなるんでしょう。

男の人は変なところでカッコをつけるんですね?

 

 

一人でさびしいと、

甘いものをたくさん買って食べてしまうらしい。

何を買ったの?と聞くと、

『みかんの缶詰とか・・・いろいろ買って食べちゃった』

と言いました。

 

みかんの缶詰なんて・・・*

シロップに漬かった甘すぎるものを・・

果物を買ってたべればいいのにね。

お昼にセブンイレブンのおむすびなど買って食べているらしくて、ちょっと胸が痛い。めんどくさくなくていいのでしょうね・・

 

 

わたしも凄く疲れたときには、

極端に甘いものを買ってたくさん食べるので、

きっとみんな同じなんですね・・・*

 

きょうは夕方雨が止みました。

リディは行かないと言うので、グレちゃんだけお散歩。

草地はいい匂いがして、

夏の虫の声がします。

この季節が来たんだな・・と思います。

 

 

みかんの缶詰の味なんて、

遠い昔の記憶です。

食べたら懐かしい気持ちになるかもしれません。