心おきなく

 

 

父は

「ああ・・・よかった。貝ちゃんと話が出来て」

「これでもうパパはいつ死んでもいいよ」

「貝ちゃんのことが気になって気になって心残りだったからね」

 

 

ウソコケ・・・*

 

 

 

父の言葉は

まったく信用ならない。

人を自殺に追い込んででも

自分は生き残るタイプのモンスターです。

 

 

 

父は そう言ったのだ。

 

あら・・そうですか 🌸

それなら安心して 

いつでも心おきなく 逝っちゃってください。

 

パパ さようなら。

免疫力が低めだけれど・・・

太りにくいカラダを ありがとう ♡

 

 

 

f:id:shellbody:20180512131659j:plain

 

 

 

わたしは

もう少し楽しんでから

死にたいと思う。

 

人間らしい心などあるから、

つらいんだと思う。

 

そんなものはあっさり捨ててしまって、

今 この時を楽しもう。

 

 

 

=====

 

 

わたしは 礼儀正しい よい娘だ*

まだ父に向って

「クソジジイ!」と言ったことは、

一度もない。

(他所のお爺さんに言ったことは あります)