病院へ

 

 

『病院へ行ってね』

 

と、

30回くらい 電話で言われた。

 

 

きょうは午後の部も、頑張って行ってきたんです。

家具屋さんとデパートの用事。

もうすっかり美しい新緑です。

つつじはいっぱいに咲いていますし、

モミジのあたらしい葉が雨に濡れてほんとうに綺麗でした。

ハナミズキの花びらがたくさん散っていました*

遠くに見える山はふっくらと緑で大きくなった。

しばらく出ない間にこんなにも変わるのですね・・

なんとか、

吐くほどの咳は出なくてすみました。

帰りのバスで、同じような咳をしている女の人。

帰ったら留守電が入っていました。

 

夜になってたくさんおしゃべり。

話しながら まだ咳がつづくので、

「病院に行かないと・・」と。

 

 

「わたし風邪で病院に行って注射してもらっても、痛いだけで気分が悪くなって、これまでいいことは一つもなかった」

と言ったんです。

そんなこと言っちゃイケナイわよね。

B様のまわり お医者様ばかりなのに・・・*

 

まあしかし、

そんなことではビクともなさらない。

 

「そんなことないから」

「酷くなったらいけないから、ちゃんとお医者さんで見てもらって、お薬をもらっとけば安心だから」

「連休が長いのに悪くなったらタイヘンでしょ*」

「もう日にちが無いよ、25,26、27、」

「28日までには行っとかないと」

 

 

「はいはい」

「はぁ~い」

「うう~・・・ん」

「はい」

 

 

「お願いだからちゃんと病院に行ってね」

もしかしたら、

50回くらい 言われたかも。

 

行ってくるかなぁ・・・。

病院ってキライだなぁ・・・・

注射はイヤよね。