メンテナンス

 

 

世の中が、

スピードと利益を追い求める中で、

わたしのような人間が生きているのは

罪なことではないか・・・?

 

そんな仕方のないことを考えながら、

ペティナイフをきれいに洗って、

洗面所の鏡を見ながら、首の正面から少し右に、

縦に長く切り込みを入れました。

 

冷たい刃先をすべらせると、赤い線がつづく。

赤というのはよく目立つ色だと思う。

胸から足首まで滴り落ちる血液をやっかいに感じつつ、

そっと指先でつまんで気管支をとり出した。

 

ぬるぬると滑る気管の中をのぞくと、

炎症をおこして粘膜の塊が付着しているのがわかる。

 

 

 

f:id:shellbody:20180416183142j:plain

 

 

気管支の中を流水でよく洗って、日本トリム酸性水にしばらく浸けておくといいと薬局で聞いたので、時々あたらしい酸性水にとりかえながら2時間ほど浸してみて、

またもとに戻しました。

 

喉がヒンヤリと気持ちよくて、

かなり楽になった気がします・・・*

なんでもキレイなほうが 気持ちがいいものですね!

 

 

======

 

わたし狂っていませんから・・・笑*

大丈夫ですよ。

(誰もいなくなったりして・・)

ちょっと・・気晴らしに想像で書いてみただけ。

 

 

 

昨夜から、

室内にとり込んだ薔薇の蕾を50は摘みとった。

これがすべて咲いていたら、

どんなに素敵な五月だったかしら・・・と

思わずにはいられない。