shell日記

Pearl&strings

海辺の写真

 

 

無垢板でつくられた

どっしりと厚みのあるベンチは陽にあたって

白くさらさらと

手のひらにあたたかそうに見える

年輪がきっと 指に心地よく感じられるだろう

 

ベンチには

目と心があって

一人静かに空や海を眺めている様にも見える

 

むこうには

砂浜と冬の海

遠くの波打ち際を

人が寄りそって歩いています

 

 

「寄りそう」

というのは いいなあ

 

支配するでも 

しがみつくでもなく

自然に寄りそうのはきっと 美しいことだろう

 

なにも

とくべつなことはなくても

誰かと寄りそって生きていけるなら

それは穏やかな

幸せというものではないかな

 

心から

そう思います

そしてわたしには

それが

とてもむつかしいのです