巻きずし世界

 

 

巻きずしは、

海苔で巻かれた

ひとつの世界の調和だと思う。

 

巻きずしのことばかり考えていた一週間でした。

それはそれで、

無益なゴチャゴチャを頭の中によせつけないで

よかった。

 

 

まず気になったのは、干し椎茸の含め煮。

これが美味しいと巻きずしは引き立つ・・

とわたしは思っているんです。

そしてこれがまた、時間がかかる。

わたしが煮たのは4時間くらいですが・・以前お寿司屋さんがおっしゃったのは、もっと長かった。12時間くらい煮ると。

 

その次に気になったのは、殻付き海老の茹で時間。塩加減など。

2分20秒でザルに上げてあと中までじんわり熱が通る感じ。

海老の大きさにもよると思いますが、

もう少し早く上げた方が美味しいかもしれないと思いました。

殻付きのブラックタイガーの背ワタを竹串でとりながら、

(丁寧にしないと背ワタは切れてしまってうまく引き出せない)

これまでいただいてきた、

母や祖母や、たくさんのご夫人の巻きずしに、

感謝する思いでいっぱいになりました。

ご馳走様でした ♡

一つひとつの海老に なんと手間のかかること!

 

 

今回は三つ葉ではなくて、せりをつかいました。

わたしは三つ葉の香りのほうが好みです。

 

ニンジン、ゴボウは薄味で茹でたもの。

 

厚焼き玉子が難しいです・・・*

玉子焼き用のパンではなくて鉄の大きな丸いフライパンなので、

また、むつかしいのでしょう。

 

お海苔はさっと火で炙ります。

やっぱりガス火でないと困るなと思う。

 

そして酢めしで、深淵をのぞく思い。

すし酢も作りました。あまり甘いのは好きでないのです。

色の濃い純米酢と甜菜糖をつかいましたから、

ご飯は色がついてしまう・・・。

(玉子だけは白砂糖をつかいました)

 

海苔で巻く加減もあり。

あまり締めすぎないほうがいい・・・

わたしはきつく締めすぎだと思います*

海苔が水分を吸ってあとさらに締まって来るんです。

 

 

 

f:id:shellbody:20180203055957j:plain

これは、一巻き残っていたのを今朝切って撮ったもの。

今朝のほうが何故か?美味しく感じました。

 

 

 

つたない巻きずしを、

気持ちよく笑ってたべてくださって、

お土産に持ってきてくださった、おたふくと鬼の丸い器に入った、金平糖と和三盆、豆の雅やかなお菓子(髙木)をいっしょに楽しくいただいて、

今年の節分は(一日早く)よい時間をすごしました♡

感謝!

 

 

よい一年にしたい。