現状維持ではなく・・

 

 

ややつらい目覚め。

ドキドキ ザワザワ・・・

あれこれと思い起こして 苦しくなる。

 

以前のわたしだったら、

コートを羽織ってセブンイレブンに行っている。

今のわたしは、チョコレートと、

書くことに逃げる。

いまスーパーはバレンタインのチョコレートがいっぱいです。

 

もうそろそろ、現状維持ではなくて、

少々無理をしてでも もう一段、

変わるべき時なのかもしれない。

今までだって、

かつてほとんど廃人だったわたしなのだから、

よく変わったではないか。

頑張ってきたではないか。

 

アタマの中を もう一度

整理しよう。

 

 

 

f:id:shellbody:20180129035700j:plain

 

 

 

昨夜はしっとりと

霧のような雨が降りました。

このところの厳しい寒さのせいか?

濡れて歩いてもさほどつらくもなくて、

あたたかく感じました。

 

夕方は明るいうちにリディを毛布から掘りだして、

お散歩に連れ出した。

小さな川の向こう岸を、

真っ白なラブラドールが悠然と歩いて行きました。

きれいな犬でした。

 

小さなリディは テロテロ歩く。

彼方此方匂いを嗅いだり、草を食べてみたり・・

そして気まぐれに歩かなくなって、

上目遣いにわたしを見る。

 

そうするとしばらくは抱っこで歩いて、

好きそうな場所に来ると

地面におろして歩かせます。

 

もう今年2月で12歳になりますから・・・

来年の冬、

今よりも元気になって歩くとは考えにくい。

なんとかこの状態を維持して、

健康であってほしい。

長生きをしてほしいと願うものです。

 

 

 

このところ、いろんな夢を見ます。

経験したことのない場面がクッキリと映し出される。

わたしの脳はどうなっているんだろう??

 

窓の向こう、

川をはさんで緑の生い茂る斜面の上に

レンガタイルの大きなマンションが建っている。

そのマンションの上の方の階の、

横にずらりと並ぶ、

凹凸のあるつくりのバルコニーの、

オシャレないくつもの部屋の窓から、

灰色の煙がもくもくと吐き出されている夢。

マンション一棟ダメになりそうな勢いなんです。

 

『あれは火事ではないですか?!・・』と、

そばにいる人たちに言うのですが、

みんな静かで、何も言わないのです。

 

何事もないかのように時間が過ぎてゆく。

もちろんわたしも、

煙を上げつづける建物に対して、

できることは何もない。

 

 

なかなかデザインの素敵なマンションでした。

斜面は6月のような緑で

怖ろしく 

美しかった。