七草粥

 

 

春の七草

 

正月七日に摘み採って七草粥に入れる若菜。

芹(せり)・薺(なずな)・御形(ごぎょう

繁縷(はこべ)・仏座(ほとけのざ

菘(すずな)・蘿蔔(すずしろ)

 

なんて難しい字を書くのでしょう!

 

 

f:id:shellbody:20180107231841j:plain

さて どれが どれやら・・・*

愛媛県 西条市七草。(うちぬき水使用 だって)

 

 

七草をさっとゆがいたのを、

炊飯器のおかゆモードで炊いたのにまぜただけです。

ほんとうは、

七草を加えてから

しんなりするまで煮るのだそうですね?

 

 

f:id:shellbody:20180107232309j:plain

おかゆが固くて・・・病人食というか、

失敗したごはんみたい・・・笑*

 

 

七草を茹でた塩だけで、なにも味をつけませんでした。

ほんのりにがくて、青い匂い。

なんとなく カラダによさそうな感じではありました。

リディとグレもよろこんでたべましたよ。

ほんとうは・・・

お米からお鍋でコトコト炊いたお粥が美味しいと思う。

 

 

青菜を茹でて、団扇でバタバタあおぐ時は、

わりと体調のいい時です。

しんどい時には、さっとお水でさらしてしまう。

お水にさらさないほうが美味しい。

ブロッコリーでも、なんでも。

 

 

======

 

スーパーに並んだ「七草セット」。

いつもシラケた気持ちで見ていて、

買ったり

買わなかったり ・・・

 

あまり こうした節句の行事に

のりきれない感があったものですが・・・

今年はそれでも 

少し楽しんでみようかな?

という気持ちにもなれた様な。

一年の無病息災を願う気持ちは、まったくその通り。

心からそう祈る思いです。

 

 

だから

如何・・・

ということもない。

 

時間はさらさらと流れて

消えてゆくだけです。

できるだけ 真っ白な素直な気持ちで

明日を迎えたいと思う。

一日を楽しくすごしたいと思うのです ♡