仮面

 

ベツレヘムパレスチナ自治区

キリスト生誕の地とか・・・

 

ベツレヘムの聖夜は雨だったそうですね。

「こんなに観光客の少ないクリスマスは記憶にない」と、

ベツレヘムに住む人の言葉。

今年は世界中がザワザワした一年だった・・・

生誕教会と巡礼ルートは世界遺産に登録されているそうです。

今問題になっている「エルサレム」のことや・・・

そうした聖地の大切さ、こだわりなどわからないまま。

 

わたしはクリスチャンでも

ブディストでもない。

精神的な土台を何処に据えてたらいいのかわからない人で・・

自分の置かれた環境の中で

なんとかバランスをとろうとして生きているだけの人です。

だからこそ、

熱を帯びてくる世の中におしあげられて

 

『クリスマスは誰かと楽しくすごしたい』

 

と、心のどこかでわたしも

ぼんやり思っているのかもしれない。

 

 

 

 

f:id:shellbody:20171226175707j:plain

待ち時間に写しました。

今年のケーキは小さかった!ルタオの「ペールノエル」

(フランス語でサンタクロースのことだそうです)

2人か3人でちょうどの大きさかな?

 

 

 

昨日は、バセット夫人がほんとうに心から楽しみにしてくださっていたのが伝わってきて、

そのことが何よりうれしかった*

11月にお会いした時に「忘年会をしましょうねできれば)」と、

はっきりとした約束はしないままだったんです。

わざわざ「おいで下さい」と言えるほどのおもてなしが出来ないな・・と思って、

バセット夫人が25日朝、電話をかけてくださらなかったら、

そのまま通過してしまうところだった・・・*

 

 

 

 

f:id:shellbody:20171226182224j:plain

2年前の写真。

ずっとこの真っ白い「ノエル・ブラン・ドゥ・ラトゥ―ル」をたのんでいたのですが、

大きさがすこしもてあます感じで・・

やっぱり ずっと同じだと飽きていまう。

来年のクリスマスは、またケーキを選ぶ楽しみが出来ました。

わたし自身はこの白いケーキのほうが好みです。

 

 

 

ところでね・・・

バセット夫人は正直でおもしろい。

「ビン・デ・フロマージュ」瓶に入ったチーズケーキなんですが、

ひと口召し上がって、

 

「あ*・・これは美味しい!」

 

と おっしゃった*

 

わたしも同感なんです。

まるいケーキよりも、このほうが美味しい。

f:id:shellbody:20171226184752j:plain

これも2年前の写真かな・・

ルタオでは、これ おすすめです ♡

瓶の下の方が、ぐっと濃いチーズケーキでそこがいい。

リディとグレも大好きです。

 

 

プレゼントやクリスマスカードなどもいただいて・・・

しみじみと なんというか 思うこと。

(かわいらしい人だな🌸・・と 年上の女性ですが

 

 

わたしは学生時代から冷めたところがありました。

ずいぶんシラケた人生を生きてきたものだな・・

わたしも来年はつくってみようかな・・・。