宵祭

 

 

きょうはクリスマスイブだから

年末クライマックスみたいなものかな・・・。

 

クリスマスって、

仏教でいえば、灌仏会みたいなものですね?

釈尊の降誕をお祝いしたことなんて、

わたし今まで生きてきて一度も覚えがないです。

我が家は浄土真宗なのにね・・・。

 

電子辞書 広辞苑を見ると、

花で飾った小堂を作り、水盤に釈尊の像(誕生仏)を安置し、

小柄杓で甘茶(五色の水)を釈尊像の頭上にそそぎ、また持ち帰って飲む。

ということだそうです。

甘茶は、山アジサイの変種だそうで、煎じると甘いのだそうです。

これも飲んだ覚えがない。

 

異国の文化を柔軟にとりいれて楽しむのは、

いいことだと思いますが、

日本って、ちょっと変かも?

 

 

 

 

f:id:shellbody:20171224051453j:plain

 

 

 

きょうは午後から雨になりそうです。

 

昨夜はグレだけのお散歩。

公園ではフェンスの外の道を、

お酒が入って上機嫌の10人くらいのおじさんグループが、楽しそうにラーメン屋さんに入っていきました。

バラけて歩いているので、

先にお店についた2~3人が「おーい おーい こっちじゃ!」と両手をあげて呼んでいます。

肩は上がってるし、ガニ股に見えて 漫画みたい*

 

あとから4~5人が よろけつつ歩いてくる。

 

一人は

『〇万〇千円くらい食べてもいいぞ』と、

明るい画面を見ながら眉をよせてしぶい顔をしています。

『よう計算しとけよ・・』と、となりの人。

 

あまりエレガントではないけれど、

なんだか和気あいあいとして、あたたかくて、

楽しそうなおじさんグループでした*

 

 

グレはいつも通り、

つつじの植えこみに沿って、匂いを調べながら

自分も シィーッ としながら

静かに歩いています。

 

空はなめらかな曇りで、風はなくて、

なんとなくわたしは 幸せかもしれないな と思いながら

静かにグレと歩いた。

この気持ちは あたらしく生まれたものだと思う。

 

公園のグラウンドには、あたらしい土が入れられた様で、

さらさらとやわらかくて、きれいにならした跡がある。

入口あたりには、

お友達ワンちゃんたち大小梅型のかわいらしい足跡が、

たくさん残っていました。