薔薇の茎をにぎる

 

薔薇の 太い株もとあたりの棘は

きれいに落とされていた

そこを にぎるために

 

両手にそれぞれ 薔薇の茎をにぎって 

鉢のそばにしゃがみ込んで

なにを考えていたのか? 思い出せない。

何も考えていなかったのかもしれない。

 

客観的にその姿を思い浮かべると スゴク可笑しい*

 

変な人。

 

 

かつて駒場バラ園からとりよせて育てていた頃の

わたしは アルコール依存中でした。

夜、不安になると、

わたしはベランダの薔薇のそばに行く。

これはお酒をやめた今も 変わらないみたい。

 

そこに行って、

なにか答えが見つかるわけでもないんだけれど・・。

癖みたいなものかな・・・?

 

 

お酒をやめても、

わたしが「変」であることには 

変わりはない。

 

 

 

 

f:id:shellbody:20171127170327j:plain

<2017・11・27 「ニフェトス」>

右下の赤い新芽 は、ニフェトスの新芽ですが・・・

後ろの黒っぽいゴツゴツした枝は「ムスリーヌ」(モスローズ)の枝です。びっしり棘だらけ!

ティーローズの枝はもっと細くしなやか・・・。

 

 

 

f:id:shellbody:20171128125145j:plain

この薄いピンクの薔薇がモスローズの「ムスリーヌ」です。

ややこしいことに、

ティーローズ「ニフェトス」の別名も「ムスリーヌ」なんです。

 

 

植え替えのあとのビールは 格別でした*

グラスを持って出て、薔薇のそばでのんでいた。

園芸好きのお爺さんの生活みたいだな・・

など思いつつ。

 

わたしはお酒のみの 

植物好きのお爺さんの気持ちが 

よくわかる気がする。

 

 

 

 

 

f:id:shellbody:20171127170454j:plain

 

 

 

こうして写真で見ると、春のようです。

12月はもうすぐそこなのにね・・・* 

ほんとうに綺麗だと思う。

なんてやさしい花びらの色・・・♡

 

杏色や黄色系の薔薇は ひとつもないのですが、

思いがけずこんな色に咲いて 

楽しむことが出来ました*

 

 

今の薔薇たちも

株もとの棘は落としています。

そこをもって植え替えるためです。

 

もう少し薔薇が育って太くなったら、

やっぱりわたしは茎をにぎって

しゃがみ込んでいる変な人かもしれません*

 

 

北のミサイル発射の兆候 のニュースに、

つかれる12月になるなぁ・・・と。

うんざりです。