心をつかむ 絵

 

 

この絵の なにが

心をつかんで 離さないのか?

わからないのですけれども・・・

 

見た瞬間に

カラダの芯をギュッとつかまれたように

感じる 「絵」。

 

 

 

ALICE IN WONDERLAND BY DUSAN KALLAY

ALICE IN WONDERLAND BY  DUSAN KALLAY
ピンタレスト画像より>

 

ドゥシャン・カーライ(1948~ )

ブラチスラヴァ世界絵本原画展(略称BIB)で有名なスロヴァキア共和国の首都ブラチスラヴァ生まれの挿絵画家。

ブラチスラヴァ美術アカデミーで学び、卒業後まもなくBIBで「金のりんご賞」を2度続けて受賞。

さらに1983年に『不思議の国のアリス』でBIBのグランプリを獲得。

1988年には、それまでの全業績に対して贈られる国際アンデルセン賞画家賞を受賞。本国のみならず、スイス、ドイツ、フランス、日本などから出版された百冊以上に及ぶ絵本や装丁本の挿絵を手がけ、

ヨーロッパでは押しも押されもせぬ絵本界の大御所として知られるそうです。

 

その一方で、画家・版画家としても優れた作品を数多く発表。

また母校ブラチスラヴァ美術アカデミーの教授として、数多くの挿絵画家を育てているそうです。

 

 

「ドゥシャン・カーライ」の絵も

セネシオ様から教えていただいた幸福 ♡

ありがとうございました・・・*

心に深く残りつづける絵の一つ。

 

絵を見て、

その感動をうまく言葉にはできなくても・・

なにかを感じることが出来るのは

とても幸せなことだと思います。

 

 

 

ドゥシャン・カーライ『陽気な鳥たちのお話』挿絵原画/1981年 c.Dusan Kallay

ドゥシャン・カーライ『陽気な鳥たちのお話』挿絵原画
1981年 C. Dusan Kallay

 

 

なんだか

とにかく おもしろい・・・・* 

 

====== 

 

スロヴァキア なにもイメージできない遠い国です。

「絵本で有名な国」 と言っていいのでしょうか?

わたしにとっては、

ドゥシャン・カーライの生まれた国です。 

File:Ceskoslovensko1929Books61.JPG

スロヴァキアの民族衣装をまとった女性

ウィキペディアより>

 

レースや刺繍のほどこされたようなリボンが素敵*  

 

 

======

 

 

きょうは雨です。

 

細々としためんどうな仕事を片付けて

すぐに夕方が来ます。

毎日がこのくり返し。

 

生きている時間のほとんどは 

こうしたことで埋め尽くされてしまう。

「絵を見て楽しんでいる時間」は、

きっと贅沢な幸せな時間なのでしょう・・・*

 

インターネットに感謝です!

美術館や本屋さんにまで行かなくても

こうして自宅で楽しめるのですからね・・・♡

ほんとうは美術館のショップと図書室に遊びに行きたいのですが・・。

 

 

 

※追記:ミチコオノ様がコメント欄でおっしゃった

「佐々木豊 」

このかたでしょうか・・・。

ありがとうございます ♡

 

f:id:shellbody:20171122191329p:plain

佐々木豊 「音楽」

<アートアニュアルオンライン 日本橋髙島屋6F美術画廊 2012年8/22~28 《第6回 個の地平》 展覧会案内より>