薔薇葉切蜂

 

 

ハキリバチの仕事を 初めて見ました*

 

蠅よりも細身の小さな虫が

薔薇「ニフェトス」のそばを飛んでいるな と思ったら、

葉にとまって、ほんの数秒で

自分と同じくらいの大きさの葉っぱをまるく切りとって、

重たそうに羽ばたいて手すりを超えて飛んでゆきました。

 

小さな彼女の抱えた葉の大きさ、重さを、

上昇するのにかかる時間で感じて・・・

わたしの身体にもすこし ちからが入る。

 

ハキリバチは 薔薇の葉っぱで

赤ちゃんのための筒型のベッドをこしらえるそうです。

このベランダの薔薇は害のあるお薬がかかっていませんから、

安心なベビーベッドができるでしょう ♡

 

  

f:id:shellbody:20171003080829j:plain

 

 

もしかして・・・

去年ここの葉っぱで育った赤ちゃんが大きくなって、

ここに来たのかな?

 

 

f:id:shellbody:20171003080950j:plain

この薔薇は「オノリーヌ・ド・ブラバン」わたしの背丈を超えました。

来年の春が楽しみです*

 

 

ハキリバチの、円筒型の子育てのための部屋を「育房」というそうですが、そこに花粉と花蜜をまぜたお団子をたくわえて、産卵するのだそうです。

 

生まれた幼虫は、その花粉と蜜のお団子をたべて大きくなるのですね・・・*
 

このベランダまで飛んでくるだけでも大変だと思いますが・・・よくここの薔薇を見つけたものだと思います。

地上にある近所のお庭にも、

たくさん薔薇は植えられているのにね? 

 

 

ニフェトス - Niphetos

<姫野ばら園より> 「ニフェトス」

 

楽しみにしているティーローズです。

もっと弱い薔薇かと 覚悟していたのですが・・・

思いのほかたくましく育っています。

もうこの株だけで5つ以上摘蕾したと思う・・・

まだ植えたばかりの幼い新苗ですから、

咲かせないほうがいいのです。

 

 

きょうも穏やかな一日であります様に。

来年の春の薔薇を迎えることができますように*