shell日記

Pearl&strings

日々のこと

 

 

パッと鉢の土を覆うように広がっていた薔薇「ニフェトス」の枝を整理しました。

すると、「ルイズダルザン」のひと枝が下から「ムスリーヌ」の一塊の茂みに忍び込んで一体となっていたのがわかって、これも根元から剪定。

 

3品種いっしょに植えた薔薇の足元が、

スッキリとよく見えるようになりました*

 

 

f:id:shellbody:20170828121531j:plain

剪定した枝も可愛いと思う。

 

 

先日摘みとったフサフサの蕾は

「ムスリーヌ」の茂みから摘んだのでそう思ったのですが、

「ルイズダルザン」の蕾だったようです。

今朝また一つ、ルイズダルザンの枝にフサフサの蕾を見つけました。

なにしろこの1年の間に20品種あたらしく薔薇を植えたものですから、

まだ5ミリほどの蕾を見て薔薇の品種が何かは、ピンとこないのです。

 

 

f:id:shellbody:20170828145416j:plain

Louise d' Arzens  ルイズダルザン(ブルボンノアゼットローズ) 1861年フランス。

 

 

======

 

 

羽根のない扇風機がお手入れが楽か?というと、

そうでもないかもしれません。

そして音が大きいのと、風が単調で味気ないこと。わたしは羽根の扇風機のほうがずっと好きです。

 

空気を吸い込む小さな穴が帯のようにぐるりとありますが、

この小さな穴の一つひとつに、ホコリが入るのです。

洗面所(脱衣)で、湿度の高いところで使用していますから・・

ホコリがなんとなく固まって、掃除機でさっと吸えない。

このそばで粉石鹸を取り出したりしますから、石鹸の粉も吸い込んでいると思うんです。

 

f:id:shellbody:20170828133906j:plain

↑ お掃除した後。

 

刷毛のついた先の細いノズルで、かなり時間をかけてホコリを吸い出したのですが・・・

けっこう苦労しました・・・*

わたしとしては、大きな扇風機の羽根と枠を洗う方がずっと楽です。

なんにしても 構造が単純なほうが好きです

 

 

人との関係も同じく。

単純であるのがいいと思っています。

複雑にしないほうがいい。 

 

 

 

Buttercream flower online class is now available!  Woohoo!  Pictured here is one out of the three cake projects you will learn in this class.  You will learn how to make the buttercream and also how to get a perfectly smooth cake.  Sign up now and get the | by fabcakelady

ピンタレスト画像より> 

バタークリームのケーキだそうです*

綺麗ィ~・・・♡

 

だけど あんまり食べたくはない。

こんなに豪華なケーキは見たことありませんが・・・

今、「バタークリーム」が気になっています。

 

 

 

きょうもなんとか無事に過ぎてゆきそうです。

ふつうの一日。