綺麗な包装紙

 

 

 

このところの思い切った私物の片づけで、

とっておいたいろんな色のきれいな包装紙をまとめて捨ててしまったのでした。

 

以前はお借りした本に、

その本に調和する綺麗な包装紙をえらんでカバーをかけて読んで、

そのままお返しするのに必要なものでしたけれど・・

人付き合いをやめた今、もう必要ないだろう・・と思って。

やっぱりとっておけばよかったと後悔しています・・笑*

 

食器棚の上のほうにかろうじて残っていた一枚の包装紙。

 

 

f:id:shellbody:20170729131639j:plain

 

 

わたしは自分の本にはすぐ赤い線を引いたり書き込んだりして、

よごしてしまうほうなのですが・・・

この「フランドルの四季暦」はまだきれいなままです。

書き込むならきれいな(下手ではあっても丁寧な)字で書き込みたい。