本を捨てること

 

 

これまでの読書が

わたしを支えてくれたところがあるだろうか?

 

よくわからないけれども、考え方に影響したところはあるだろうと思う。

本を捨てていくのは過去を捨てていくようでもあって

何か、今までの時間が無駄だったようにも感じられて しんどい。

 

実際には、本を読むことは 

わたし自身の人生とはまったく関係ない。

作家の物の考え方、感じ方を

わたしの "貧しい脳" が、たどってみたにすぎないのだけれど・・・。

(ほとんど理解できていないのかもしれません。)

 

 

いまこの瞬間を 

"ただ生きる" ことの

なんとむつかしこと・・・