小さな魚になったリディ

 

 

グレの抜糸当日(6月26日)の朝、

リディが手のひらにのるほどの つるんとした小さな魚の姿になって、

(ストラップのように糸について・・・ルアーのようでもありました・・)

お玄関の片すみで死んでいるのを見つけた夢で 目が覚めたのでした。

わたしは夢の中で、小さな魚のようになったリディを手のひらにのせたのです。

もう10日も経つのにね・・・

思い出しても苦しくなります。

すぐに目が覚めて・・・パニックになることも泣くこともなかった。

また、

いつか(おそらく7年くらいのうちに)お別れの時が来ると・・・

この頃はよく考えて覚悟もしていたせいか?

夢の中のわたしは不気味に静かでした。

 

 

あれやこれやと忙しかったし、緊張していたので、

沈み込む余裕もなく過ぎたのですが・・

 

その前の日の夢が、

リディが真っ赤なおしっこをして・・

先生が検査をしてくださって、中に腫瘍がありますとさめざめと泣かれた夢で、

わたしはまだその夢の印象が忘れられないでいます。

 

きょうは夕方1時間くらいか?うとうとした間、

リディを動物病院まで連れていく途中になぜかパッと離れて 

車の多い道にリディが飛び出してしまって・・

もどってきた!と思ったら違う犬だった・・という夢でうなされていました。

その犬を追うと・・・

小さな芝生の広場にほかの犬たちや飼い主さんがたくさん集まっていて・・

 

そのなかに リディはいない。

どこにもいない。

おそろしく苦しい夢です。

絶対にリードを離してはいけないと思います。

 

 

なんとわたしは

犬にしがみついていることだろう・・・。

 

 

きょうもなんとか 朝が来た。

少しずつですけれども

がんばれそうです。