いちご泥棒

 

 

胡蝶蘭の白

花径がすくすくとのびて つぼみが見えています。

こんな時期に花芽が育つのはめずらしいのですが・・

夏の終わりに花をつけるのかな?と思う。

この花が咲くまで・・・

同じ方向に進みつづけてみようと思う。

 

まず何をするかというと、

「死に支度」。

 

 

 

f:id:shellbody:20170701070651j:plain

今朝の様子。

鉢の下から花径の上まで 76cmくらいあります。

あいかわらず支柱を立てませんから、

花が咲くと重みで茎はさがってきますが・・・*

 

 

死に支度がきちんと出来たら

スッキリと安心して

あとは死ぬ気で好きなように生きられるのではないか?

(※ 体力さえあれば・・睡眠は大切!)

 

そう思っています。

 

とりあえずは

私物を徹底的に片付ける。

何年も前から簡素な生活を望んでいながら

ちっともそうなっていなくて イライラしていました。

このまま死んだら恥ずかしいと思って おそろしかった。

睡眠がとれなくてカラダが動かないことと、

日々の生活がやっとで・・捨てるところまでいかなかったこと。

それでも片付けなければならない。

人生に一区切りつけるつもりで 思い切って捨てる。

自分の人生に 

自分で片をつけていかなければならないんだと思う。

なんとしんどいこと!!

 

この部屋をめがけて

巨大な隕石が落ちてきてはくれないか、

いま 終わりにしてくれればいい・・などと不謹慎なことも思う。

 

 

 

今朝、食卓下の敷物を洗うのに、

(ここでグレちゃんがキャベツをたべたりしています)

裏のラベルをみたら 川島織物の製品ですが・・

「ベルギー製」と書いてありました。ベルギーに工場があるんですね・・

f:id:shellbody:20170701072406j:plain

これは同じ柄のひとまわり大きいサイズ(お玄関)

「いちご泥棒」という柄です。

2年間洗っていない・・・*

 

もういちど

おしりを パァ~ン!と叩いてもらった気がしました。

頑張ります。

 

 

ありがとうございます。

コメントをくださった皆さんに心より感謝します。