ハバナのパンプキンちゃん♡

 

 

やっぱりアライグマをお家に入れちゃう人って・・・

いるんですねェ~・・・♪

 

かわいいものね ♡

 

 

バハナの街に、自分の事を犬だと思って暮らしているアライグマ・パンプキンがいます。

ピンタレスト画像から>

ハバナキューバの首都)に住む アライグマのパンプキンちゃん*

自分のことを「犬」だと思っているのだそうですよ。

幸せそうですね・・・*

 

 

 

自分を犬だと思っているアライグマ、パンプキンの毎日がめちゃめちゃ可愛い!                                                                                                                                                                                 もっと見る

室内はとても綺麗です・・・。不思議。

ソファーも食い破られたりしていなくて・・・無事。

イタリアングレイハウンドとトイプードルを飼っているお友達ワンちゃん宅の立派な革張りソファーは、ひじ掛けのところが食い破られて中のスポンジが出ていましたよ うふふ*

(ああ・・ソファーってこういうふうに出来ているんだな* と思いました)

このパンプキンちゃんは、おとなしいのかな?

 

 

 

 

f:id:shellbody:20170622052615p:plain

これはまだ、ベビーのパンプキンちゃんですね*

シャンプーしたあとかな?

かわいいね ♡

 

 

ハバナは、文豪ヘミングウェイ(1899~1961)がこよなく愛した街だそうです。

晩年をこの街で暮らし、「老人と海」をここで書き上げたのですとか・・・*

 

 

1920年代にアメリカ合衆国禁酒法が施行されると、

アメリカ人たちは享楽を求めてハバナを訪れるようになったそうで、

ハバナにはアメリカ人富豪の別荘が多く立ち並び、

多くの観光客によって高級クラブやカジノがにぎわうリゾート都市として大発展したそうです。

 

1959年のキューバー革命に伴ってこうした娯楽施設はほとんどは閉鎖。

 

 

日本にカジノは似合いませんね 🐟