shell日記

Pearl&strings

虫の声

 

 

昨夜は

妙に静かな夜でした。

 

虫の声だけがあたりに響いていて

すれ違う人の顔も見えなくて・・

どこか夢の中の様で

リディに連れられてやっと歩いていた。

 

もしかしたらわたしの耳が、

ほかの音を拾おうとしなかったのかもしれません。

すれちがう人の顔も見ようとしなかったのかも・・

ちょうどその場所が暗かった というのもあります。

 

 

あっちに行きたい

こっちに行きたい

という小さな黒いリディと、

虫の声だけが

昨夜のその時の わたしのすべてでした。

 

 

 

夏になると、

庭と道路との境目に

毎年大きな向日葵の花をならべて咲かせる家に、

今年も葉や茎がすくすくと育っています。

 

はるかに見上げるチクチクと毛の生えた太い茎の上に重たそうに咲くひまわりの花は、わたしには馴染めない苦しいものがあるのですが・・・

青い空をバックにしたひまわりの花なんて、もう絶対無理!つらすぎるのです・・・

 

ああ・・今年も夏が来るんだな・・

と思います。

 

この家の方が生きるかぎり

この場所にひまわりの花が咲きつづけるのだろうと思うことです。

 

 

 

f:id:shellbody:20170620110730j:plain

ベランダの薔薇はいま、「薔薇眠る」みたいになっています・・・。

花を咲かせたあとの疲れでしょうか?

あたらしい葉をのばすこともなく固まっています。

 

「薔薇滴る」 であるはずなのにね・・・・。

肥料もあげたのですが・・・・

どうしたのかな?