家に帰る。

 

手術が終わって 

帰ってほっとする家があること。

これは幸せなことなんだな・・・と思います。

 

 

f:id:shellbody:20170614065143j:plain

きのう病院から帰ると、真っ先にケージに入ってやすんでいました。

リディも手術の後 そうだった・・・・。

室温26℃で一晩暖房を入れていました。(いま切ったところ)

 

リディは心配そうに顔のあたりをクンクンしたり、

術後着のすき間からのぞく傷をそっとなめたりしていましたけれど・・

「これはタイヘンだ!」と思ったのでしょう・・・

いつもならくっついて寝るところ、そっと離れていました。

夜はわたしのお布団で リディもグレもいつも通りいっしょ。

 

帰った時には しんどそうにしていましたけれども・・・

夜中12時半頃 グレが目を覚まして(わたしも一緒に寝ていました)

わたしが気がついて起きると、

グレは口を横にひいて にこっと笑いました*

 

ああ・・・これは大丈夫かな ♡

「なにかたべる?」と聞くとうれしそうにするので、ご飯をたべさせた。

お肉(ひきすじ)とキャベツを炊いたもの。

甜菜糖をどっさり入れてバターと豆乳でお菓子みたいに甘くつくったスクランブルエッグ。

ドックフードを少し。

 

今朝も美味しそうによく食べていましたから、

このまま元気になると思います。

やっぱり元気にたべてくれるとうれしいですね・・・*

 

 

f:id:shellbody:20170614071745j:plain

帰った時は、ほんと痛そうにしていました・・・わりと大きく切ったそうです。

きょうまた、診察に行ってきます。

 

 

お散歩から帰る「家」。

お友達と楽しく遊んだあと 帰る「家」。

仕事が終わって 帰ってほっとする「家」。

安心して 眠ることのできる「家」。

 

「家」がある幸せに感謝です。