感情

 

 

昨夜見た、グーグルニュースにあった見出し。

 

日曜日の夜は、月曜日の出勤を考えて、気が重くなる人も多いだろう。

「本当にただ生きているだけ」という女性に共感集まる。

『最近は何も考えられないし、いよいよ感情が無くなってきた。

食欲も無くなってきた。仕事はちゃんとしている。

本当にただ生きてるだけだ』

 

これは、ガールズチャンネルというところのトピックの一つだそうですが・・・

 

昨夜わたしもだるくて放心状態で、

このつづきに書き込まれたいろんな人の文章を ぼんやり見ていて・・・

感情を失ったようにして、"ただ生きている"という人は多いことや、

「早く死にたい」と思っている人がずい分多いことに・・なんとも言えない気持ちでした。

(攻撃的なひどい書き込みもあります)

 

 

 

f:id:shellbody:20170605082612j:plain

 

 

 

わたしも能面のように固まって、

ぼんやりと「死んだら楽かな?」と思いながら死ぬでもなく、

ただその日しなければならないことをくり返していた時期が長くありましたから・・・

その人の気持ちもわかる気がするのです。

考える力なんてなかったですし、感情なんてどこにもなかった。

ただ生きていただけです。

本当にギリギリの時、人は感情がなくなるのですね・・・。

 

それでも、

『感情が無くなってきた』とこうした場所に言葉で表現できることは、

きっといいことだろうと思う。

同じような気持ちを持つ人の言葉で、少しあたためられるというか・・

なにかのエネルギーをいただいて感情に流れが生まれるような・・

そんな気がするのです。

 

このトピックをお書きになった女性は、典型的な「鬱」の症状だろうと思って・・

どうか何かの救いがありますように と、

遠くから思うことです。

 

今朝は薔薇にお水をあげていて

わたし自身がすぅーっと楽になるような感覚がありました。

いつまでもいっしょにいられるわけではない、

いつまでも育てられるわけではない と、

この頃はよく思っています。