Julia イギリス (1976年)

 

 

「ジュリア」知らなかった薔薇。

ハイブリットティーローズ 四季咲き (中香)

花の大きさ9cm 樹高1.5m。

 

とても優雅で気品のある花型。美しいと思います。

りん様が大好きで育てていらした薔薇だそうですよ*

この色合いはとてもめずらしい・・・上品な薔薇です。

「赤みを帯びた枝葉との調和もよい」と、姫野ばら園の説明にありました。

別名: 「Chocolate Rose 」   「Julia's Rose」

 

※この「ジュリア」の交配の片親は「ブルームーン」だそうです。

薄紫ラベンダー色の薔薇。

 

 

 

ジュリア - Julia

<姫野ばら園より>

姫野ばら園 八ヶ岳農場 - オールドや古花が専門・バラ鉢苗の通信販売

 

 

このシックな気品のある薔薇と、

どんな花とをいっしょ活けることが出来るか?・・など

想像してみるのです・・・・むつかしい*

 

この薔薇のブーケに、

プラチナの縁のついたボリュームのある黒いベルベットのリボンを結びたい*

 

 

======

 

 

こちらは我が家の、枯れてゆく「セレスティアル」 。

わたしはこのひんやりとしたピンクの「セレスティアル」が好きです。

 

 

f:id:shellbody:20170518011025j:plain

テーブルの上の枯れてゆくセレスティアルが、

朝の光を透かして・・はっとするほどとても美しく見えました・・・*

それを写真におさめたいと願いつつも、叶わない。

 

 

 

 

f:id:shellbody:20170518004543j:plain

 

 

この薔薇はどことなく冷たい雰囲気をもっていて・・

そこが好きなのかもしれません。

枯れてくると花びらがそり返って尖ってくるところも好き ♡

 

 

 

f:id:shellbody:20170518005500j:plain

右の、花びらをどさりと落とした花も「セレスティアル」。

青みをおびた葉や、細く端正な棘なども愛するところ。

4月の終わりに京成バラ園芸から迎えた「アルバ・セミプレナ」も、

まるで兄弟のようにそっくりな枝葉と端正な棘。おなじアルバローズです。

すくすく育って、24cmだった苗はいま50cm近くあります。

「アルバ・セミプレナ」はレモン香をふくむ香りとありましたから、

とても楽しみです・・・♡

 

 

 

f:id:shellbody:20170518005356j:plain

美しく咲いて 枯れてゆく薔薇。

 

 

去年植えて、初めて咲いた花。「セレスティアル」

おなじ花とは思えないカタチの変化ですね・・・*

薔薇はどの時間を切りとるかで、まるでちがった表情をみせます。

f:id:shellbody:20170515111553j:plain

来年の春にはもうすこし株も充実して、花も美しくなることを期待しつつ・・・

来春も元気でいたいと思うのです。