shell日記

Pearl&strings

チャービルの白い花

 

 

 

薔薇の鉢にいっしょに植えているチャービルに

白い花が咲いていました・・・*

 

かわいらしい花です。

 

 

f:id:shellbody:20170512012021j:plain

 

 

冬のあいだも ずっと青い葉をしげらせていて

お買い物に行きたくないわたしですから たすかりました*

お料理はダメですが・・とにかく刻んでうえにかけます。

この香りはとても好きです。

 

お店で買ったものよりも、

ベランダで育てたパセリやスープセロリ、チャービルのほうが香りがとてもいいのです。

お薬をつかっていませんから安心です。

 

 

 

「マリー・ドゥ・サンジャン」 咲きました*

ポートランドローズという系統の薔薇です。

以前薔薇を育てていた時には、おなじ系統の「コント・ド・シャンボール」を育てていました。わりと丈夫だった印象です。旺盛に育ってたくさんの花を咲かせました。とにかく美しく 香りも素晴らしくて、開花速度の速い薔薇でしたから、朝は薔薇から目が離せなかった*

 

マリー・ドゥ・サンジャンは、ととのった花とはいえない・・・

目立たないひかえめな薔薇です。(たよりない印象の薔薇)

f:id:shellbody:20170512051533j:plain

すっきりとした透明感のある香りです。つぅーん・・と透る感じ。

グリーンアイ(花の蕊のところ)が可愛らしい*

(白い蕾は「マダム・レグラス・ド・サンジェルマン」)

 

この薔薇は咲いてしまうと平たくクッキーのようになります。

我が家の薔薇ではこの薔薇がおそらく「最弱」。

去年の様子で、このベランダではダメかな?・・・と思いましたけれど・・・

なんとか元気に育っている様子です。

 

 

===== 

 

 

きのうは、春に見たしだれ桜のところまで

リディとグレをつれて歩きました。

 

 

f:id:shellbody:20170405033303j:plain

このしだれ桜。なんだかもう・・遠い過去のようです。

 

 

葉っぱがふさふさになっているかと思ったら、

虫に葉をたべられて、ナズナのように"すかすか"になっているのですよ。

楕円形のまともな葉っぱが、見つからないくらいひどいのです。

まったく葉がなくなって、冬の桜のようになっている枝もひとかたまりありました。

 

あたりは静かで・・・

耳を澄ますと上のほうから 「パリパリ」と音がする。

毛虫が桜の葉っぱを食べている音かな? と思って・・・

なんとも言えない気持ちになりました。

毛虫に歯があるのかしらね・・・汗*

 

変態してきれいな蝶や蛾になるでしょうか・・・

桜は、こんなに葉をたべられてしまって大丈夫なのかな?

・・・・・・

 

 

お散歩コースのほかの桜は

こんなことはないのですよ・・葉はふさふさと茂っています。

わたしが春に見に行ったしだれ桜の葉っぱだけがたべられてしまっているのです。

 

不思議です・・・?

 

 

そうそう* フクロウの声を聴きました!

(フクロウかどうか?わかりませんが・・そのようなもの)

その桜のそばには鬱蒼と茂ったひとかたまりの大きな樹木があって、

その大きな木の上のほうからきこえてきます。

 

 

f:id:shellbody:20170406041045j:plain

しだれ桜を見に行った日。そばのベンチにすわって見上げた大きな樹。

むこうに光るお月様。

フクロウの声がしたのは、この木ではなくて、

東よりにある別の木です。

 

 

「ホー ホー ホー ホー・・・♪」

ずいぶん長くつづいて、少し休む。

また「ホー ホー・・♪」とつづきます。

 

真っ暗ですから・・なにも見えませんが・・・・

姿を見てみたいものです*