shell日記

Pearl&strings

地獄は薔薇色

 

 

きょうは「デュ・ド・ポールフォンテーン」が咲くでしょう 赤い薔薇です。

自らの棘で傷だらけになった葉っぱや花びらで。

 

風が吹いて枝が揺れるので

棘だらけの茎で すれてズタズタの葉っぱ。

 

 

わたしはまた、きちがいじみた眠れなさで、

昨夜から起きていて、

半分生きて 半分死んだような

カラカラに干からびた時間を目覚めている。

脳はほとんど動いていないのです。

 

どうせこれでは眠れないと思って、夜8時過ぎにグレを連れてお散歩にも出たのです。

わたしがフラフラするので 

リディはお留守番。(この子を歩かせるには気合が必要です)

犬を連れて歩いている というよりは、

わたしが犬に連れられている感じです。幽霊みたいなもの。

 

川のそばには、

ハリエンジュの木に白い花がいっぱいに咲いていて、

ジャスミンのようないい匂いがします。

白いたくさんの花房を見上げると

向こうの空に、ふっくらしたお月様がありました。

いつものベンチでグレちゃんにチーズをたべさせて・・・

 

帰宅したのは9時半過ぎ。

 

 

the art room plant, Vanessa Cooper:

Vanessa Cooper  ピンタレスト画像から> 

ゼラニウムとインコがかわいらしい・・・*

 

 

 

ねむれなくて 動悸がして・・・

もしかしたらコトンと死ぬのではないか?と思ったりもする。

部屋が片付いていないので、困るな・・とも思う。

 

それでもいままで、

死ぬよりさきにねむれてきたのです。

まだ死なないでいます。