ねむる一日

 

 

一日寝ていました。

掃除機をかけたのが 夜8時。

 

お風呂掃除をがんばってみた。ザラザラした石鹸跡がなかなかとれなくて・・・

ほんとうはまだ とれていないのです。

 

f:id:shellbody:20170108222207j:plain

 

 

黒いところが・・・石鹸跡の目立つところ!

床も黒に近いグレーですからめだちます。

またすぐに石鹸はついてしまいますから・・・きりがない・・・

 

一生この闘いは つづくわけで

ああ・・・また一年生きるのか・・と、

なんだかたまらなく 

しんどいような

ぐったりと 倒れてしまいたいような・・・

 

それでも 

死にたくはないから

生きるしかない。

 

 

 

つかれることで 

必要のないものは

削ぎ落して 楽に生きようと思うわけです。

 

どんなに正しくて いい人(のように見えたとしても)

つかれる人は

つかれるんです。

 

そういう人からは

わたしは逃げます。